2010年たんぽぽチャリティコンサート
www : tamatanpopo.co.jp 多摩たんぽぽロゴ
E-mail : tanpopo@tamatanpopo.co.jp
TEL : 0422-34-1011(代表)
∴たんぽぽニュース ∴個人情報保護方針 ∴サイトマップ
 新年のご挨拶
あけましておめでとうございます。
 2018年の新しい幕開けを迎えました。
 皆様方におきましては、ご家族お揃いでお健やかなお正月を迎えられたことと、心よりお喜び申し上げます。
 昨年は、皆様方のご厚情とご協力を沢山頂戴し、当社をお支え頂きましたことに心から感謝申し上げます。お陰様で、スタッフ一同、2018年の幕開けに際し、新たな展望に向けて、個人及びチームの成長の年とするように心ひとつに確認しあい、新年を迎えることができました。

昨年の歩み
   昨年は、当社で10年近く働き、仕事を通し逞しく成長した2人の看護師が、2月と10月にたんぽぽの綿毛となり飛び、置かれたその場所である地域で今までの学びを力にたんぽぽの花を咲かせることができました。たんぽぽの事業の承継の形は、事業を継続することに大きな目標を置き、ご利用者様の安心で安全な暮らしと健康をお守りできるスタッフを配置し、事業及び運営のすべてを、のれん分けという形で独立を応援し、その後もたんぽぽのグループとしてお互いに助け合う関係の権利のすべてを承継します。
 おそらく介護事業においては全国にまれな形と思います。
 のれん分けをした4人の社長及び会社が共に良き新年を迎えたことを大変嬉しく思います。生みの大変さを乗り越えて成長した姿を見ることは灌漑深いものがあります。
 これもひとえに皆様方のご理解とご支援の賜物と感謝申し上げます。
今年の抱負
   さて、仲間の独立を応援しながら、会社を守り苦労や大変さをチームで支えてくれている現在のスタッフのすごさがあります。時代の要請に添い、流動的でエネルギーにあふれかつあるべき姿を崩さない姿には、開業19年目の新春で、いい人材に支えられていることを誇りに思います。今年の抱負は、一人一人の成長と共に、今後の活動の展開に向けて、大きな一歩を進むことにあります。
 具体的に申しますと、今までの積み重ねてきた、看護と介護の集大成に向けてスタートすることです。
 その一つに、武蔵野市において看護小規模多機能型居宅介護事業の開設準備があります。武蔵野市の地域密着の事業として、行政や地域の方々の応援の基で、中・重度の方々の生活と命をお支えする事業の一つとして新たに始めます。
 2つ目に、19年間お世話になっている、大沢の地で活動の継続をすることです。特に、訪問看護やデイサービス、居宅を大沢の責任を持ち、お役に立ちたいと考えています。日々、その実現に向けて検討を重ねております。今後も皆様方にご相談やご協力をお願いしながら参ります。本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。
2018年元旦
有限会社多摩たんぽぽ介護サービスセンター
取締役 千葉信子


たんぽぽニュースのトップへ
 BACK  NEXT

Copyright 2002-2017 Tamatanpopo Corporation.
All Rights Reserved.