2010年たんぽぽチャリティコンサート
www : tamatanpopo.co.jp 多摩たんぽぽロゴ
E-mail : tanpopo@tamatanpopo.co.jp
TEL : 0422-34-1011(代表)
∴たんぽぽニュース ∴個人情報保護方針 ∴サイトマップ
 新年のご挨拶
あけましておめでとうございます。
有限会社多摩たんぽぽ介護サービスセンター
取締役 千葉信子
 皆様方にとりましてお健やかで良き新年をお迎えになられたことと存じます。
たんぽぽのホームページをご覧いただき感謝いたします。
本年も多摩たんぽぽに対して、ご指導ご鞭撻をどうぞ宜しくお願い致します。
年末は、お祭り騒ぎの総選挙でしたね。今年度は、法改正の年でもあり、全貌はまだ明らかになっていませんが、ご利用者様が安心してお過ごしになられるような改正であり、暮らしの面でも明るい展望が持てる一年になることを願わずにはいられません。医療&介護報酬改定の中身がはっきりするのは3月半ばになることと思います。皆様方への情報のご提示は4月以降になります。たんぽぽは、明日があるさの替え歌にお示ししたように、皆様方の幸せを願い、太陽の温かさをお届けできるように努力したいと思います。

 <皆様方のお蔭で昨年実施できた3つのお知らせのご報告です>
一つ目:2014年2月にたんぽぽの暖簾分けを実施しました。
2007年に開始した桜堤のたんぽぽ訪問看護むさしのを、可愛い愛弟子の丹内氏に譲渡しました。ご利用者様も社員もそのままの移行でした。会社名は“株式会社みゅうちゅある”。ステーション名は“ナースステーションたんぽぽ”です。丁度1年を迎えました。たんぽぽグループとして、色々な行事・研修を一緒に行い、共に成長を願っています。たんぽぽの綿毛の第一号が、元気に飛び立ったことは私の大きな喜びです。
二つ目:2014年11月21日に会社創立15周年記念大会を行いました。
会場は、たんぽぽとゆかりが深い三鷹市のさんさん館。
今回の大会の柱は3つ。①社員皆で作る記念誌の発行、②15周年を記念する替え歌を作り歌う(明日があるさ・・青島幸雄作詞、中村八大作曲)。募集して替え歌の編修者2名にクオカード3千円を。「辛いことや心の痛むこともあるけど、この仕事はやめられない、あなたの笑顔が見たくて」仲間達の心情あふれる楽しい歌です。歌集を掲載いたしますのでご覧くださいませ。③各事業所の業務上の実践報告会です。やりました!。
100人近いご来賓の皆様方には、沢山の応援と勇気を頂きました。
ありがとうございます。
三つ目:2月13日に、たんぽぽ主催で講演、シンポ、講談の集いを行います。
三鷹市協働センターにて(以前の労政会館)、18時開場、18時15分開演です。
たんぽぽでは18年から偶数月に事例検討会を行ってきましたが、2014年のテーマは地域連携。特にターミナルケアに関する検討会の時、“生きること”を支える仕事に対して、ご本人を真ん中にして、皆が役割分担で支え合うことに関わることができ感動!。事例検討会でおわるには惜しい話。“死に向き合うということは、よりよく生きることを支える事だ”今まで、死に対して話すことは控えめでしたが、この感動を、地域ぐるみで、関心のある皆さん方と、話し合ってみたい!を形にすることにしました。私達は、このような貴重な体験をさせて頂く中で、感動と学びを頂いています。その中で、次に生かしたい課題もあります。今回は、そうした感動と学び、また今後に向けての課題をそれぞれの立場で発表します。ご来場の皆さんとの色々な意見交換や交流会も時間を用意いたします。寒い時期ですが、お越し頂いた皆さんと心を温め合いたいと思います。お誘いあわせの上、是非ご来場くださいませ。

 <2015年の各事業所の活動方針>
 今年は、当社にとって大きな転換期の年と考えています。法改正もありますが、地域に根付いて地域に役立つ事業所として、具体的な方向性を見出す年です。一番大事なことは先ずは“人”。色々な苦労や悩みもある中で、リーダーを初め、チームを大事に人として成長し、会社の事業方針に基づき、事業所毎に具体化して力を合わせれば、地域医療と福祉に貢献でき、ご利用者様も会社も共に明るい未来を開拓できると信じています。チーム力で作り上げてこそ価値があり輝きます。
たんぽぽの若きリーダーを筆頭に、今年の活動方針をご紹介します。
*多摩たんぽぽ介護サービス事業所(ケアプラン作成)      所長:名和広人
4月で16年目を迎えます。ご本人とご家族の希望をお聞きしながら、その方に必要なプランニングをして在宅生活の土台をしっかりサポートします。重症者の方も喜んでお受けします。お気軽にご相談ください。
*多摩たんぽぽ訪問看護ステーション(訪問看護)      所長:松本貫太郎
3月で16年目を迎えるたんぽぽ訪問看護の老舗。看護とPT、STが病気や障害を持ちながらも在宅生活がその人らしくお元気で送られるようにご一緒に工夫しながらご支援します。研修や自己研鑽の機会を大切にしながら、24時間、365日を通してチーム力で頑張ります。PTやSTもまだ空きがありますのでご利用ください。
*多摩たんぽぽヘルパーステーション(訪問介護)     所長:粕谷敦子
3月で15年目を迎えます。訪問看護と連携して、在宅支援の他に、吸引、胃ろう処置、人工肛門(ストマ)処置等の医行為ができる事業所として頑張っています。又、有料では、外出支援(結婚式、お寺参り、映画や演劇等)への同行もご相談ください。したいことを実現できるようにご支援させて頂きます。
*大沢の家たんぽぽ(有料老人ホーム・住宅型)      施設長:千葉善弘
12月に11年目を迎えました。9床の小さなホームですが、お一人暮らしが難しくなった皆様方が、ここでは助け合い、支え合いの暮らしの場であり、人生でやり残してきたことを実現のお手伝いをする場として提供しています。往診医との連携で、お看取りもお受けしています。ご家族と共に命と暮らしを大切に考えながら看護と介護の連携でご支援します。嬉しいことに1月早々に新人ヘルパーが仲間入りしました。
*デイサービスたんぽぽ                施設長:千葉善弘
1月で11年目を迎えました。作業療法士や看護師、そして介護の達人がチーム力で明るく楽しい暮らしの場を提供しています。あなたの出来るようになりたいことは?、その実現に向けて、心身のリハビリを目指した、個別機能訓練を行っています。
三鷹市の委託事業の介護予防教室は9年目になります。心が動けば体も動く・・納得です。ぼたんの会、さくらの会、協働センター、自主サークルのたんぽぽの会と楽しい会を継続しており、5月にはバス旅行を予定しています。デイサービスは、ボランティアの皆様に大きく支えられていますが、特にぼたんやさくらの会では、井の頭町会が町をあげて支えて頂いて下さり感謝の気持ちで一杯です。
*たんぽぽ訪問看護むれ              所長:前田昌紀
5月に5年目を迎えます。看護とPT、PT、STが揃いチーム力で頑張っています。
たんぽぽの3つの訪問看護の特徴ですが、心を病む方が全体の4割。すべてのご病気や障害を持つ方、ターミナル期の方々に、心を込めたケアをご提供できるように頑張ります。24時間、365日の看護は当社の売りです。
*リハデイ中町                    施設長:坂井敏代
4月で3年目になります。リハデイの目的は、OT、若しくは看護師、運動指導士、そして生活を楽しくするベテランの介護員により、ストレッチと体操と個別の目的を達成するために、機械ではなくいつでも何処でもでき、自宅での生活がより安定して暮らしやすくなるための、心身ともに元気になることを共に考えるリハビリデイです。
“何がしたい!”を“できる”に変えるために、自主性を重んじて関わっています。
10名のお仲間が5時間を、助け合い、支え合いができる環境をご提供しています。
*たんぽぽ訪問看護中町              所長:工藤千姫
6月で2年目になります。開始時期の倍のご利用者様になりました。中町に是非頼みたいといって下さるご本人や関係者の励ましに支えられ、嬉しい悲鳴を上げつつお断りせずに頑張っています。ご利用者様のお一人お一人に対して、いい状態で在宅生活を継続できるように期待される看護の提供に努めます。昼は留守も多いのですが、顔の見える関係を大事にして、24時間、365日のサービスに努めます。2月から看護師の仲間入りが予定されていて楽しみです。
*三鷹市委託事業  在宅生活支援事業       責任者:古旗真幸
5月で6年目になります。この事業の支援を受けたお蔭で、通院ができ病気も安定し、人並みに在宅生活が継続できているという嬉しいニュースに支えられています。訪問支援を基本として、生活安定のために必要な支援をしている、三鷹市独自の事業です。ご本人を中心に、病院と地域と行政と関係者とのつなぎ役、ご本人との信頼関係構築の初めの一歩を大事に考えながら日々頑張っています。お困りの方がおいでの場合、三鷹市の障がい者支援課にご相談ください。

 <その他のたんぽぽの地域貢献として行っている事のご紹介>
  1. 事例検討会:偶数月の第2金曜日午後6時30分~8時から。会費500円。
    事例を提供頂き、皆で話し合い、提供された方も皆も元気になれることを目的です。
    場所は古八幡神社奥の下原地区公会堂です。2月は協働センターでの講演会です。
  2. 日曜カフェ:毎月第3日曜日の12時~14時。カレーとサラダとコーヒーと音楽をご提供。音楽と共に時には医学の話や学習会もしています。会費800円。
    場所は大沢のデイサービスたんぽぽで住所は大沢2-19-8です。
  3. 健やか介護教室:奇数月の第3土曜日13時~15時。会費500円。
    歌や体操をしながら健康的に長生きできる秘訣を皆でも楽しみます。皆の笑いと元気な歌声が響きます。時には宴会も。
    場所は中町のリハデイ中町で住所は武蔵野市中町1-25-1 紺屋ビル1階です。
社員一同、皆様方のご指導とご支援に支えらながら頑張ります
本年もよろしくお願い申し上げます。

たんぽぽニュースのトップへ
 BACK  NEXT

Copyright 2002-2017 Tamatanpopo Corporation.
All Rights Reserved.