2010年たんぽぽチャリティコンサート
www : tamatanpopo.co.jp 多摩たんぽぽロゴ
E-mail : tanpopo@tamatanpopo.co.jp
TEL : 0422-34-1011(代表)
∴たんぽぽニュース ∴個人情報保護方針 ∴サイトマップ
 新緑の頃のご挨拶
 5月は、新緑や小さな草花は人の心をやわらげ、きらきら輝く太陽はすべての生き物に愛情と活力をふりそそいでくれる時期。三寒四温というように、生き物が徐々に厳しい暑さになれるように工夫されているように感じられます。私たちの住む大沢は、天文台から毎日鶯が話しかけ、若草色の大きな木々はゆらゆらと踊り、野川にはカモがコガモを連れてゆったりと泳ぎ、そうした大自然の中を自慢そうに恋人を連れて故郷に帰ったツバメの喜びの声、こんなに素敵な新緑の時期を楽しみながら生きられる、素敵な特高地です。大沢は更に自然に優しい街つくりが完備されていて余計な消毒もしていないので安心して草が食べられます。ハコベ、ぺんぺん草、ゆきのした、コンフリー、たんぽぽ等など今年もお浸しにしていただきました。今の何?と聞くとスタッフはう?という顔。満更でもない顔で話題が飛びます。もともと14年前に病院を辞める時、野川の草を食べながら、ゴキブリよりも長き生きするだろうと友人たちに言われたものです。ホントに素晴らしい街です。
たんぽぽの行事のお知らせ(3日間たまたま連続となりました)
たんぽぽは訪問看護を柱に活動を開始して13年目です。この新緑の5月に3つの行事を行います。

<一つ目は“風薫る音楽の夕べ・たんぽぽからの恩返しコンサート”です。>
 武蔵野を拠点として活動させていただいている桜堤の訪問看護と中町のリハビリデイサービス、そして助っ人の牟礼の訪問看護が主になって、本番に備えて最終盤を頑張っています。一部はこんなにも音楽が好きなスタッフが揃っているのかと驚く程の若さと気迫が見世物。二部はたんぽぽとゆかりの深い素晴らしいプロのクラシック。きっとご満足いただけます。多少の席が残っていますのでご希望の方は大至急お電話を。
たんぽぽ チャリティコンサート2013  行きたいけれどお体が不自由で一人では行かれないという方には、有料のヘルパー派遣もできますし、参加できるようにご一緒に方法を考えさせて頂きますので、お気軽にご相談下さい。そうした方のご参加も心からお待ちしています。

<2つ目は、翌日の午後2時~4時。今回は三鷹認知症家族支援の会の代表石村先生のお話です。>
 そしてたんぽぽで学んだ認知症ケアの実際の寸劇をご披露します。 介護教室案内 5月号2505 認知症を病んでいるからこそ人に優しく感動を与えるもの・・その感動をお伝えします。第2土曜日に開催しています。

<3つ目は、その翌々日の11時~13時。たんぽぽ恒例の日曜カフェ。>
 カレーとコーヒーをご提供して、その後に毎回音楽や介護の話。今回はすごいんです。 日曜カフェ案内2505 近くに住んでおられる日舞の花柳先生と落語の真打三遊亭様の絶妙なコンビで狭いながらの舞台を飾ります。第3日曜日に開催しています。
ご家族連れで是非ともおいでくださいませ。

たんぽぽニュースのトップへ
 BACK  NEXT

Copyright 2002-2017 Tamatanpopo Corporation.
All Rights Reserved.