2010年たんぽぽチャリティコンサート
www : tamatanpopo.co.jp 多摩たんぽぽロゴ
E-mail : tanpopo@tamatanpopo.co.jp
TEL : 0422-34-1011(代表)
∴たんぽぽニュース ∴個人情報保護方針 ∴サイトマップ
 大沢の家とデイサービスの近況報告

平成17年4月11日
施設長 千葉 信子



■大沢の家たんぽぽ■

現在は7名の方がご入居されています。
5月からはさらにもう一人が入居される予定ですので、
空きはもう一つになりました。
今ではお食事や食後の語らいも賑やかで、
よく歌い、よく笑い、よく食べ、とっても健康的です。
お互いに声掛け合い、助け合い思いやりながらの生活場面にふれながら、
『とても素敵な方々だな~、いつまでもこんな風に過ごしていただきたいな~』
と心から思えるのです。
新聞や雑誌に掲載して頂いたことで、
新たなお客様が沢山お見えになりますが、
そのことが皆様にとって、嬉しくてお化粧やらおめかしもして、
ハッスルしてお出迎えされるのです。
つい最近、こんなことがありました。
午後の3時半、大沢の家を訪ねて札幌からお客様が見えました・・・
事務所から連絡が入り待つこと10分。
小さめの旅行かばんと新聞を手にした女性が見えました。
「以前、弟の奥様が病気をして、病院や施設に色々お世話になったけれど、
この新聞に載っているような笑いはどこにも見られなかった。
だから、この笑顔が真実なのかを見にきた」と。
その後、皆さんとお話して私にこう言いました。
「笑いは本物だった、来て良かった・・・
実はこんな風な家つくりをして自分たちも住みたいのです」
そして、付け加えた言葉が
「あなたはよくもこんな思い切ったことができたね」でした。
私も「あなたの方がもっと大胆、だってここの電話も住所も調べずに飛行機に乗り
三鷹に来てしまうなんて・・すごい勇気!!」
と言いました。
似たもの同士で意気投合して初めてお会いした方とは思えず、
楽しい時間を過ごしました。
色々な方々が訪れてくださり、泣いたり笑ったりの毎日です。
庭のほとりに、ベニカナメとキンモクセイの木を植えました。
整備はまだこれからです。
定期的に内科の原田先生や歯科の阿部先生が訪問して下さり、
マッサージの方も見えて、
心身ともに健康を維持増進し、
入所時に比べて介護度が軽くなった方もおり、嬉しい事です。

■デイサービスたんぽぽ■

月曜日~土曜日まで、毎日の入浴と機能訓練、
午後の音楽療法をメインにした趣味活動は軌道に乗ってきました。
お体が不自由でもリフト浴で安全に、
肩までしっかり湯につかっておしゃべりしながら
入浴を楽しめるのも大好評です。
風呂の大きさに比べて排水溝が小さく水漏れが生じた為に改修し、
今ではたっぷりのお湯が流れても大丈夫になり、
内風呂が何よりと皆様ご機嫌です。
筋肉が硬縮したり、血行が悪い方でも入浴すると改善され身も心もくつろぎます。
メリハリのある機能訓練も心身のリハビリに役立っています。
食事も管理栄養士さんとプロの料理人が力を合わせて
おいしさを追求しています。
午後は、音楽療法士や音楽専門士がピアノをはじめ、
様々な楽器を利用して、皆で音楽を奏でます。
土曜日の午後は、大正琴や琴の演奏、エレクトーン演奏、
ピアノ演奏などをプロの方がボランティアで楽しませてくれます。
生演奏をこんな身近に聞くことが出来て、
ご利用者だけでなくスタッフも幸せです。
お習字の先生、絵手紙の先生、囲碁の名人など、
すばらしい方々のお陰で成り立っています。
休憩時間には、昼食もそぞろのスタッフが大サービスして、散歩や運動に繰り出します。
近くの東大馬術部へ馬を見に行ったり、
目の前の野川で鴨に話し掛けたりとのどかに過ごします。
眩しい程の太陽とおいしい空気は自然を満喫させてくれます。
酸素療法を受けている方や遺漏の方をはじめ、
お体が不自由な方も多々おりますが、
事故なく安全に安心して過ごしていただけるように、
ご本人と協力しながら(勉強しながら)支援させて頂いています。
定員は20名のところ、まだ余裕がありますので、
ご覧になった方からのお勧めも宜しくお願いします。
スタッフは十分にそろいましたので、
皆様のお越しを心よりお待ちしています。

■その他のお知らせ■

多摩たんぽぽヘルパーステーションでは
6月から介護タクシーをはじめる為に申請中です。
2種免許を持ったヘルパーが活躍します。


たんぽぽニュースのトップへ
 BACK  NEXT