top

三鷹市から委託されている事業を行っています!

[三鷹市認知症高齢者・精神障がい者等在宅生活支援事業]とは?

三鷹市では障がい(身体・知的・精神)のある方に対して様々なサービスを提供しています。そのとりまとめをしているのが「健康福祉部 障がい者支援課」です。


私たちは障がい者支援課から「三鷹市認知症高齢者・精神障がい者等在宅生活支援事業」を請け負っています。

この事業は全国で初めて自治体が民間に委託した事業であり、多摩たんぽぽは、唯一の事業所なのです。



ご利用方法

まず、「三鷹市役所 健康福祉部 障がい者支援課」にご相談ください

本事業の目的、対象者

認知症高齢者及び精神障がい者等で、未治療又は、医療中断等により在宅生活に支障のある者、またはその家族並びに三鷹市福祉住宅の協力支援員等に対し、安定した生活ができるよう適切な支援を行うとともに、関係機関のネットワークを構築し、地域での支援体制の強化を図ること。 (仕様書第二項)


  1. 市内で在宅生活をする認知症高齢者、精神障がい者及びその可能性のある者等で、医療機関の受診が困難な者又は通院等が中断しているため、在宅生活に支障がある者又はその家族。
  2. 病院を退院した者、あるいはその予定にある者のうち、通院治療が中断しないよう支援が必要な者。また、十分な支援体制が取れないことにより、安定した地域生活が送れない可能性のある者。
  3. 介護保険サービス及び障がい福祉サービスにおけるホームヘルプサ_ビス決定者のうち定期的な見守りが必要と判断された者。
  4. 1~ 3に掲げる者のほか、市長が必要と認める者。

(平成29年度 第1回精神保健福祉関係機関連絡会 議事録より抜粋)